保育士の採用試験を受ける│教育に関わる仕事に就こう

履歴書

人に教える仕事

講師と学生

授業の空き時間を上手く使って、自分も成長できる塾アルバイトをしてみましょう。体力に自信がない人や教師を目指している人におすすめのアルバイトです。時給も比較的高いため、人気のアルバイトです。

もっと知ろう

人を見る

保育士

保育士の資格を活かした職場はたくさんあります。職場の数だけ方法はあります。公立の保育園で働くには、公務員試験、教員採用試験に合格しなければなりません。市町村の職員にあたるからです。公務員試験は筆記試験が重要になります。希望の地域で行われる職員採用試験を受けるようにしましょう。試験に合格したのちに、勤務する保育園が決まります。公立の保育園は減少しており、保育士採用は狭き門といえます。広く一般常識や知識が問われます。保育士採用試験を受ける際は、十分に対策を立てて勉強を行ないましょう。私立の保育園は公立に比べて、数が多くなっています。公立の保育園と違うのは、市町村ごとの採用試験が行われるのではなく、施設ごとに採用試験が行われることです。就職したい保育園が決まっているときは、施設ごとに採用試験を実施する私立保育園がよいでしょう。採用試験は主に面接になります。私立保育園によっては、実技や作文が実施されることもあります。面接で自分の長所を十分にアピールしなければいけません。面接対策をしっかり行ない、志望動機などきちんとアピールできるように準備しましょう。保育士面接時によく見られるポイントは、その人の人柄です。多くの子供を預かる仕事なので、基本的なマナーや一般常識が備わっていないと採用は難しいでしょう。経験がなくとも人柄でカバーできる場合があります。面接には真摯に取り組むようにしましょう。笑顔でハキハキと受け答えができることも重要です。しっかりとした受け答えができることは、一般企業の面接でも求められることです。

資格を活かせる場所

保育士

保育士資格を活かす転職なら、企業内保育施設や病院内保育施設がおすすめです。充実した福利厚生を受けられたり、固定の休みが取れる場合もあります。子供とじっくり向き合って仕事をしたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

もっと知ろう

多くの人が活躍できる

学習

空いた時間を有効活用して家庭教師のバイトを始めてみませんか。学生だけでなく、主婦やWワークの人も活躍しています。まずは家庭教師専門の派遣会社へ登録してみましょう。

もっと知ろう

Copyright© 2016 保育士の採用試験を受ける│教育に関わる仕事に就こう All Rights Reserved.